日本の魅力を台湾へ

訪日台湾人観光客の増加

2016年の訪日外国人観光客2400万人のうち、400万人が台湾からの観光客というデータが出ており、日本を訪れる外国人のおよそ6人に1人が台湾人観光客です。

購買意欲も高く、顧客層に取り込むことで流動的な集客が見込めます。

台湾人観光客の集客

日本を訪れる台湾人観光客を集客に繋げるには情報の発信が必要です。台湾語・繁体語にローカライズされた情報を発信することで、日本に関心が高い台湾人の目にとまり集客へと繋がっていきます。

台湾人は口コミが主な情報収集源です。

動画マーケティングの効果

日本の魅力を発信するには動画を利用した動画プロモーションが効果的です。視覚的に伝えることでダイレクトに魅力をアピールすることが可能です。4K映像を取り入れることで、より魅力的な映像コンテンツへ。



ネイティブ台湾人の声×伝える力 台湾語ナレーション・台湾コミュニティへの口コミ拡散・台湾人によるロケーション取材・4K映像
台湾人が求めるのは台湾人による情報、生の声。Facebookで情報収集・ブログ痞客邦で写真と感想をチェック・Youtubeユーチューブで予習

台湾人に伝える

台湾人が日本へ訪れる際、事前にFacebookやTwitter,YouTubeやBLOGで情報を仕入れます。台湾では、メディア発信の情報より台湾人による口コミ情報を参考にします。台湾ではインフルエンサーによる宣伝がオーソドックスなマーケティング法であり、企業側も積極的に取り入れています。台湾インバウンドを成功させるためには、台湾人のニーズに合わせた情報の発信が求められます。

 

スピーカーを介して伝える

日本在住の台湾人をスピーカーとして起用。インフルエンサーの代わりにインバウンド情報を発信します。

台湾在住のインフルエンサーを起用したインバウンドマーケティングは、渡航費その他多額の費用が発生します。日本在住スピーカーを起用することにより、個人経営の店舗やサービス等よりローカルなレベルでの情報発信が可能です。また、スピーカーは日本語が話せますので双方間のコミュニケーションも円滑です。

インフルエンサー:台湾から渡航・大がかりなプロモーション・高予算・要通訳 スピーカー:日本在住・柔軟なプロモーション・低予算に抑えられる・日本語能力検定N1取得者

クライアント主導型PR

スピーカーを利用したプロモーションはクライアント主導型PRと口コミ型PRに分類されます。クライアント主導型PRでは、依頼者側の意向に沿った形で情報が発信されます。例えば、この商品はどのように素晴らしくてどのような利点があるか等、依頼者が発信情報の内容を指定することが可能です。クライアント主導型PRでは、クライアント側が運営するメディアでのみ配信が可能となります。

口コミ型PR

口コミ型PRでは、情報の発信内容はスピーカーに委ねられます。例えば、商品Aのレビューが委託されるとスピーカーは実際に使用した感想等をスピーカーの目線、スピーカーの言葉で発信します。ネガティヴキャンペーンとなるような言動は配慮されますが、PR内容についての言及や指定は不可となります。口コミ型PRでは、スター制作の運営するメディア、スピーカーのSNSでのみ情報配信されます。


クライアント主導PR

口コミ型